お知らせ

和歌山市の中学受験対策 桐蔭中学H20年度適性検査Ⅰから 理科

 

まず、氷と水が混じっている状態のところにこの温度計をさし、

温度が下がらなくなった時の位置を0°Cとして印をつける。

水は,0°Cになると凍り始め,すべて凍るまで温度は0℃のままかわらない。

全部の水が氷になると、温度はさらに下がるため、

氷と水が混じっている状態でなくてはならない。

次に、水がふっとうしている状態のところにこの温度計をさし、

温度が上がらなくなった時の位置を100℃として印をつける。

水を温め続け、温度が100℃くらいになると、

ふっとうし、温め続けても、温度は変わらないため。

 

 

これでも、わからないところがあるよと言う場合は

下記からご連絡ください。

友だち追加

2019.12.17

top