お知らせ

和歌山市の中学受験 算数 文章問題

5年A組のクラス全員に、サッカーとバスケットボールについて、やったことがあるか、やったことがないかを聞きました。

サッカーをやったことがない人は14人、バスケットボールだけやったことがある人は9人でした。

これについて次の問いに答えなさい。

 

(1)サッカーもバスケットボールもやったことがない人は何人ですか。

 

サッカーをやったことがない人が14人で、バスケットボールだけやったことがある人は9人なので、14人の内9人はバスケットボールをやったことがあることになります。

 

したがって、14-9=5で

答え.5人

 

(2)バスケットボールをやったことがない人は11人で、このクラスの人数は32人です。

サッカーとバスケットボールの両方をやったことがある人は何人ですか。

 

両方やったことがない人は(1)から5人とわかったので、サッカーだけやったことがある人はバスケットボールをやったことがない人から両方やったことがない人を引けば良いので、11-5=6で6人とわかる。

 

サッカーとバスケットボールの両方をやったことがある人は、クラス全員-(両方やったことがない人+バスケットボールだけやったことがある人+サッカーだけやったことがある人)=両方やったことがある人となる。

 

したがって、32-(5+9+6)=32-20=12となるので、

答え.12人

 

下の表のようにまとめるとわかりやすいかもしれません。

 

これでも、わからないところがあるよと言う場合は

下記からご連絡ください。

友だち追加

2019.12.23

top